東国原知事VS記者団 「ケンカ」の一部始終



東国原知事VS記者団 「ケンカ」の一部始終
2010年5月19日 19時43分 ( 2010年5月19日 21時41分更新 )


口蹄疫の拡大が続いている宮崎県で、東国原英夫知事が記者会見で「非常事態」を宣言した。会見では、感染地域内での全頭殺処分に踏み切るタイミングについての質問が集中。「検討中」という言葉を繰り返す知事と、具体的なタイミングを知りたい記者とが言い合いになり、ついには知事が激昂して席を蹴ろうとする一幕もあった。いったい、どんなやり取りがあったのか。
知事の発言が飛び出したのは、2010年5月18日に約1時間にわたって行われた定例会見だ。記者からは多数の質問があったが、その全てが口蹄疫問題に関連したものだった。
やり取りヒートアップ、知事は何度も机をたたく
冒頭の知事の発言では、約7分30秒にわたって、
「懸命の防疫措置を講じてきたが、拡大を止められない。このままでは、本県畜産が壊滅することはもちろん、隣県、九州、全国にも感染が拡大することを否定できない事態」
などと、非常事態宣言を発令した経緯について説明。宣言は、感染地域とその周辺地域では、農家以外の人に対しても不要不急の外出を控えるように求めるもので、記者からも宣言の内容や位置づけについての質問が相次いだ。
宣言は、現段階では「お願い」ベースだといい、西日本新聞記者の
「『(消毒のための)薬剤を(県が)配ることは考えていない』というのは薬が足らないということか」
という質問に対しては、知事は
「まだ初期的だということ。今後検討していかないといけない」
と答えた。これに反発したのは南日本新聞の男性記者で、会見が始まっておよそ22分が経過した時点で、
「『非常事態にレベルがある』という話は初めて聞いた。非常事態そのものではないのか」
「このまま今の方法を続けるのか、ワクチンなのか、それとも一定地域の中での強制(殺)処分なのか。検討しているか」
などと質問。これに対して、知事は
「検討しています」
と回答したのだが、その検討内容について、約4分間にわたって、押し問答が続いた。記者は、殺処分などの判断を行う主体は知事だということを指摘する一方、東国原知事は、判断には政府や農家、地元自治体との協議が必要だということを強調。議論は平行線をたどった。
書き起こすと、ざっと、こんな具合だ。
知事「法的には(判断する主体は)知事ですよ、確かにそうですよ、でも国の協力がなかったら、いいですか。全頭殺処分って、いくらかかるって知ってますか?」
記者「いや、だから、今、お金のことを言っていてもしょうがないんですよ。止めないといけない」
知事「しょうがなくないんですよ、やらなきゃいけないんですよ。慎重にやらなきゃいけないんですよ、地元の対策も、同意も得なけりゃいけない。手塩にかけた全頭(を処分)、もしやるとしたらですよ。じゃないですか?」
記者「そのとおり」
知事「それを簡単に…」
記者「簡単に言ってない」
知事「簡単に言ってますよ!」
記者「言ってない、言ってない」
知事「相当な覚悟が必要なんですよ!これは」
記者「ですから、考えているかどうかを聞いているんです」
この段階で、すでに「言い合い」状態だが、さらにやり取りはヒートアップした。知事は何度も机をたたいていた。
記者「じゃあ今のままで(殺処分数が)20万いったらするんですか?」
知事「だからそのポイントを今検討している。どこになったら非常事態というか、踏み込んだ対策をするか検討してるんです」
記者「してください」
知事「だからしてるんです。してるって言ったのに、あなたが『してるんですか』って。してますって!」
記者「『国が、国が』っておっしゃるから」
知事「『国が』って言ってません。協議をしないと、これはねえ、パンデミック、伝染で、いいですか、もう宮崎県だけの問題じゃないですよ。ですから…」
記者「いや、そうですけども、宮崎県のことだから、宮崎県の知事がリーダーシップを判断しないといけない」
知事「やってるでしょう。やってますよ、検討してますよ」
記者「じゃあ、あまり『国が国が』って言わないでくださいよ」
知事「『国が国が』って、国と協議をしないといけない。市長村とも協議をしないといけない。地元の皆さんとも意見交換しないといけないじゃないですか!私独断で、『ハイ、やりますやります』って。それは現場を知って、現場の人たちと話をしなきゃ分からないでしょう?それ、分かってくださいよ。プロでしょ?あなた?」質問にキレ、席を立とうとする
このように話はかみ合わないままだったが、さらに、別の女性記者(社名は名乗らず)が、
「軽々に(判断)できないことが良く分かっているから、我々はどういう風に国が考え、県が…」
と食い下がると、知事は
「だからそれは検討してるんです。話し合ってるんです。一生懸命!毎日!寝ずに!それをですね、検討してるだとか甘かっただとか、処理が防疫対策がどうのこうのとか、我々は一生懸命やってるんですよ、我々は。地元の方たちも一生懸命やってるんです」
と一気に話し、
「以上です。帰ります」
と、席を立とうとした。記者団が
「知事、そういうことではなくて、我々は…」
となだめると知事は席に戻ったものの、
「ケンカ売ってるのはそっちじゃないですか?」
と収まらない様子。記者は改めて
「今、どのような検討をして、それがどういうタイミングで、どういう判断をなさるかを知りたかったんですよ…」
と質問したものの、
「軽々にものを言えますか?じゃあ、ずーっと私がですね、それを言及してこなかったのは、現場の、発生農家さんの気持ちが分かるからですよ。軽々に私が全頭処分って言ったら、みんなパニックになりますよ!それは、最後まで言っちゃいけないことなんです。私は、そう理解しているんですよ」
と話し、最後まで議論は平行線をたどっていた。
一見大人げないと見える東国原知事の対応だが、ネット上には東国原知事を擁護する声もある。すでに、会見のやり取りを細かく文字起こしした内容を掲載しているブログもあり、その中では「質問の内容がひどい」などと記者側に批判的な論調が多い。ライブドアのネットリサーチにも、「『口蹄疫』会見での知事に対するマスコミの質問は酷いと思う?」という質問が登場。86.8%が、「思う」に票を投じている。



いやいや、腹が立ちますね。
わざと水掛け論をやってるんでしょうか?
と言うか、何を聞きたいのか理解に苦しむのは私だけでしょうか。
寝食を削って問題解決を行おうとしている方に向かって、ゴミの質問はあまりにも失礼かと感じました。
日本の牛肉はワクチンを接種していない事もありトップレベルのグレードなワケです。
国内外を問わずに勝負できる産業なのです。
問題発生の中で外遊していた大臣を責めるならまだしも。。。


横峯選手が賞金1200万寄付 口蹄疫で宮崎県川南町に
2010年5月17日 19時39分 ( 2010年5月17日 19時45分更新 )

宮崎県に自宅がある女子プロゴルフの横峯さくら選手(24)が17日、口蹄疫の感染が拡大している同県川南町の役場を訪れ、6~9日に行われたワールド・サロンパス・カップで獲得した賞金1200万円全額を内野宮正英町長に手渡した。横峯選手は「知人にも畜産をしている人がいて人ごとではない。(被害が)収まるまで寄付を続けたい。私自身はゴルフを頑張って募金を呼び掛けたい」と決意を語った。


それにしてもさくら選手は凄いですね。
優勝賞金全額寄付ですよ。
大会に参戦するだけで経費もかかると言うのに。

ゴミもつまらん事をグダグダ言ってないで、マスゴミの力を持って寄付を募れないものですかね?
こんな事してるからゴミって言われるんだよ!!





おぉ!これは酷い!って方、ポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
[PR]
by Guppy_e | 2010-05-20 15:49 | 独り言 | Comments(0)


<< 萌えるアニメ キスをしたくなってくるでしょ~ >>