カテゴリ:読み物( 33 )
彼女・友人をレンタル


e0020210_1084244.jpg



ニュースでこんな記事を見た。

彼女・友人をレンタル、心を満たす 食事やおしゃべり…
※リンク先で読めます!




どうやら女性をレンタルしてくれるらしいのだが、エッチは無しと言う事のようだ。

しかもレンタルされるのは女性限定・・・。

エッチ無しで、女性と過ごすためだけに数時間で何万円も・・。

このブログを書き始めた頃は、“ニート”や“引き篭り”などと言う言葉が頻繁に使われていた気がする。

大家族制の崩壊、個人主義の台頭の行き着いた先には、引き籠ってるワケでもなく、ちゃんと働いてもいるのに独りぼっちという“ぼっち”と言う言葉を最近よく聞くようになった。

女性の社会進出や晩婚化、恋愛形態の変化によるものなのだろうか?
たかだか10年前と比べても適齢期に彼氏・彼女のいない若者が多いように思う。


その時だけ話を聞いてくれる異性がいれば、それでイイのだろうか?

8時間3万円程度の値段の価値は?


そー言えば以前こんな[読み物]を紹介した事がある。


ぼくとヲタとお姫様



2004年に某巨大掲示板に投稿され書籍化までされたお話だが、それから約10年・・まさか現実社会で成り立つ商売になるとは思ってもいませんでした。


ついで?でもないのですが、コチラも以前紹介した[読み物]です。

Tokyo Mobile


どちらの[読み物]も、今回のニュース記事の様なサービスが現実化してたら、あり得るのかな?って感じです。

このニュースを見て、思い出しましたw

自分にとっては既読なのですが、改めて読み返しています。





あるぇ? 読み物はイイ話じゃん!!って方、ポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 ニュースブログへ

ツイッター始めました~♪  Guppy_slokichi Follow me!!
[PR]
by Guppy_e | 2013-10-28 11:08 | 読み物
八日目の蝉
読み物のカテゴに本物の読み物が登場する事は珍しいのですが、今回は本物の読み物です。(笑)





現在、映画公開中の[八日目の蝉]です。

e0020210_2142568.jpg



久しぶりの縦文字に、最初ちょっと苦戦しました…。

ネットもリアルも横書き・横読みの生活が主流となりつつあるので、本当に久しぶりに縦書きの書物を読みました。



以前NHKでもドラマ化されていたのですねぇ~

その時は





この人が盗んだ愛人役。。。まっ、一方の主人公を演じてたみたいで、そういう意味では、ドラマも映画も興味あります。

ドラマの方は探せば観れますよ? 多分…。


ネタバレは面白くないと思うので書きませんが、中々イイ話でした。

ほら?わたくしハッピーエンドが嫌いな方なのでね。


多分、あと20ページもあれば良い終わり方もあったのかも知れませんが、ココで止めたのもまた良し。

ただ、映画やドラマとは終わり方が違うかも知れません。

最初、ちょっと読みにくい感が私にはありましたが、慣れればスイスイ進みましたし、ラスト1/10ぐらいだったかな? 不覚にもちょっとウルってきたりもしました。(苦笑)


興味があればお奨めです。




おっ!永作さんもイイけど、壇さんもイイね!って方、ポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
[PR]
by Guppy_e | 2011-05-13 21:56 | 読み物
90歳の老人が語る45の人生の教訓

1. 人生は公平では無いけれど、それでもいいものだ。
2. 疑わしいときは、次の一歩は小さく歩もう。
3. 誰かを嫌うには人生は短すぎる。
4. 病気になると仕事は自分の面倒をみてくれない。友人や家族がしてくれるのだから連絡を取っておこう。
5. クレジットカードの支払いは毎月全額支払っておくのだ。
6. すべての口論に勝たなくていい。反論にも賛成してみよう。
7. 誰かと一緒に泣こう。一人で泣くより楽になる。
8. 神様に怒っていい。彼なら受け入れてくれる。
9. 初めての給料から、老後の蓄えを始めよう。
10. チョコレートに関しては抵抗は無駄だ。
11. 「過去」と平和を維持していれば、「現在」をダメにすることはない。
12. 自分の子供に泣いているところを見られたってよい。
13. 他人の人生と比べるな。人がどんな軌跡をたどったのかなど、分かりはしないのだから。
14. もしその関係が人に言えないのなら、関わるべきではない。
15. すべてのことは一瞬のうちに変わるが、心配しなくてもよい。神は見ている。
16. 深呼吸をしよう。心が落ち着く。
17. 使えないもの、美しくないもの、楽しくないものは、何でも取り除こう。
18. もし死なずに助かったときは自分を強くする。
19. 子供時代のような幸せを持つのに遅すぎるということはない。ただし2度目は他人の力に依存してではなく自分次第である。
20. 自分の好きなことを追い求めるとき、自分の出した答えに拒否を示すな。
21. キャンドルを灯し、シーツを新しくし、素敵な下着をつける。特別な日のためにとっておくのではない。今日という日こそが特別なのだ。
22. 準備をぬかりなく、そして、なるように、ありのままに。
23. 今、変人になろう。歳を取るのを待ってから紫色の服を着なくてもよい。
24. 夜の秘め事をする上で、一番大事な機能は脳である。
25. 幸せになる上での責任は、自分自身以外にない。
26. どんな災いも、次のセリフで閉じ込めてしまえ。「5年経ったらこれはそれほど大事なことなのか?」
27. いつも「生(せい)」を選ぼう。
28. 何でも誰でも許そう。
29. 他人が自分を何と思おうと、知ったことではない。
30. 時間はどんなことさえも癒す。時間を与えよ。
31. どんな良いことも悪いことも、変わる。
32. 自分のことを、まじめに捉え過ぎる必要はない。他の誰も気にしてしない。
33. 奇跡を信じよう。
34. 神様は神様だから愛してくれる。何をしたか何をしなかったかではない。
35. 人生を計算するな。参加して今を楽しもう。
36. どんどん年齢を重ねることは、その反対よりずっといい。 若くして死ぬよりだ。
37. あなたの子供の子供時代は1度きりだ。
38. 最終的に真に大事なことは、愛したということ。
39. 毎日外に出よう。奇跡はあちこちで待っている。
40. もし皆がトラブルを山のように捨てたとして、他人のと見比べたら自分のは持ち帰ろうと思うものだ。
41. うらやましがることは時間の無駄である。もうすでに必要なものは持っているものだ。
42. 最高のときはこれから来る。
43. どんな気持ちになろうとも、起き上がって、着替えて、そして姿を見せよう。
44. 恵みなさい。
45. 人生はリボンで結ばれているわけではないが、それでもギフトである。



 
ココから



本当に90歳の方が言った言葉かは定かではないが、意外とタメになる言葉があるので転載してみた。

折り返し地点にきて思うね、人生ってそんなに長くはないようだ。






おっ!イイ言葉もいっぱいアルじゃん!って方、ポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
[PR]
by Guppy_e | 2011-02-14 23:46 | 読み物
子猫なのかな?
娘の記憶


4歳の娘に聞いてみたんですけど、たくさん記憶してました。
お腹の中にいた時は、
「お腹の中は暖かくてお風呂みたい。ちゃんと座ってたのに、
ママが体操したら逆さまになっちゃった。でも、逆さまの方が
気持ち良くなって、そのまま寝てた。」
実際、逆子だったので、逆子を直す体操やってました。

胎内に来る前は、やっぱり空の上にいたみたいです!
たくさんのお友達と遊んでたら神様が来て、どのママがいいか
神様と決めてから来たらしい。

あと、前世の記憶(?)もあるらしくって、聞いてみました。
「お母さん(私じゃない)がいなくなって泣いてたら、パパが来た。
一緒に帰ったらママがいた。そしたらパパがシャワーで体洗って
くれた。病気でしんどかったけど、ママがイイコイイコして
くれたから嬉しかった。でもお母さんに会いたくなって走って
探してたら、頭からガブッて噛まれて血がいっぱい出て
死んじゃったの。でもママにはまた会えるって知ってたよ。」
これ聞いて本当にびっくり!
昔、旦那が子猫を拾ってきた事があるんですけど、状況が
まるっきり同じでした!
玄関開けた時に逃げだしていなくなっちゃって、探したら
犬に噛まれてて…。
こんな話、今まで娘にした事なかったから、本当にあの時の
子猫なのかな?
不思議すぎる。


これ読んで興味深々です。(笑)
4歳の息子と2歳の娘に聞いてみようと思います。ハイ
娘は既に口が達者になってきているので、覚えていたら聞かせてくれるかも知れませんな。



ウチの子も記憶あったよ!って方、ポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
[PR]
by Guppy_e | 2010-08-31 21:25 | 読み物
引っ越してきた二つ年下の子
ずいぶんと日が暮れるのが早くなってきましたね?

まだ、ちょっと秋の夜長には早い気もしますが、何となく良作を見つけたので時間を作って読んでみて下さいませ~♪



引っ越してきた二つ年下の子 1 (エロくない体験談)


引っ越してきた二つ年下の子 2 (エロくない体験談)


引っ越してきた二つ年下の子 3 (エロくない体験談)


引っ越してきた二つ年下の子 4 (エロくない体験談)


引っ越してきた二つ年下の子 5(完結) (エロくない体験談)




第2話のバレンタインあたりで少し読めなくなりました・・・もっと酷い事して生きてきたのにねっ。

お二人には幸せになって欲しいと思います。



おっ!イイじゃん!って方、ポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
[PR]
by Guppy_e | 2010-08-29 22:41 | 読み物
2030 日本自治区の誕生

「ご覧ください、全日本国民が熱狂をもって中華人民共和国首相を迎えています」

テレビのアナウンサーが、力強い声でそう話している。

映像は、東京の街に降り立つ中国の首相、そして笑顔で紅い旗を振る日本人たち。

日本が傾中政策をとって20年、中国以外のあらゆる国を敵にまわしながら、それでも急激な経済成長を遂げた中国に守られ、日本は生き延びて来た。中国に生産拠点を移した日本の製造業は、その多くがいつの間にか中国資本となり、中国人経営者たちによって再び活力を取り戻していた。

日本政府は高騰していた日本の人件費を削ることもできず、また積み重なっていた国債の返済のために、大量の円を刷った。結果、インフレーションが発生し、円の価値は急激に下落。市場に出されるようになった人民元が急騰したのもあいまって、中国企業たちはこぞって日本への直接投資を開始した。日本を代表する大企業が次々に買収されていった。80年代バブル期のアメリカ人はこんな気持ちだったのだろうか。

日本は2010年代に研究費を削り、また研究者たちの国外大量流出もあって、もはや学術も技術も戦後レベルに後退していた。優秀な人間ほど、活動の場を海外に移していたからだ。

反面、そうした日本の研究者や技術者を1990年代より吸収し続けていた韓国は、中国以上に急成長していた。素材から製品、あらゆる「日本の強み」と言われてたものは「韓国の強み」となった。中国主導で南北朝鮮問題も急速に改善しつつある。韓国からの資本を受け入れた北朝鮮もまた急成長し、南北統一への期待も高まっていた。

テレビの映像は、首相官邸を映している。いやもはやここは首相官邸ではない。ここは日本自治区の主席がその指令拠点として使うことになる。首相官邸の中では、在日米軍のトップと中国から派遣されて来た日本自治区主席が握手していた。在日米軍は今日をもって日本より撤退し、中国軍にその基地を引き渡すことになっている。

2009年に誕生した左翼政権は反米路線を取っていたし、アメリカにとって重要度の薄れた在日米軍は重荷だった。ロシアは中国と平和条約を結んでいたし、中国と米国との関係も改善されていた。もはや脅威はそこになかった。

日本で基地のある区域の治安に問題を抱えていたのは間違いないし、段階的な在日米軍の撤退を決めたのも自然な流れに見えた。アメリカはその防衛線をハワイまで後退させ、アジアの安全保障を中国に託したのである。

日本は結局、GDPの300%を超える累積債務を自力で解決できなかったのだ。中国から国債購入などの資金援助を受けながら、なんとか財政破綻を先送りしてきたにすぎない。日本が中国からの経済協力を仰ぐたびに、巧妙な条件をつきつけられて来た。多数の「政策アドバイザー」を受け入れ、彼らは政府中枢からメディアまで幅広く活動した。中国のイメージは激変し、選挙を重ねるたびに、親中的な国会議員が増えていった。

そしてついに、日本は憲法改正に踏み切った。日本人はまだ政治や経済を「御上」のやることと考えている。中国という大樹の影に入ることを、中国を「御上」とすることを、この時代の日本人は選んだのだ。メディアはもはや日本が独力で積もり積もった借金を返すことは不可能と言ってたし、それを引き受けると約束した中国を絶賛していた。

「どうしてこうなっちゃったんだろうねえ……」

50代を迎えた鈴木は、紅い旗に埋もれるテレビを見ながら、そうひとりごちた。

「お父さん、テレビなんて見てる場合じゃないでしょ」

そう妻につつかれたが、テーブルの向いに座る2人の姿は、もっと見たくなかった。

一人は自分の娘、もう一人は四十を越えたくらいの冴えない顔をした中国人だった。

「張さんはけっこうエリートなんだよ」

娘がそう言う。張という名の男は、そりゃあ中国企業の日本駐在員としてやってきているくらいだから優秀ではないということも無いだろう。いや、そんな中国から来てる駐在員は数十万人にも達しているのだが。

彼らがやってくるようになって、街の様子は一変した。中国語の看板が大量に立ち並び、日本語の看板が消えた通りがいくつもあった。日本人の知るような中華料理店ではなく、本場中国と変わらないメニューの中華料理店がいくつも産まれた。

飲み屋の主要な顧客は中国人になり、吉原や西川口などの性風俗産業も中国人向けに特化し始め、産業としても非常に大きくなっていた。頭もよく容姿もきれいな女性たちにとって、今の職も無ければキャリアパスらしいキャリアパスも無い日本で豊かになるには、こういった飲み屋や性風俗産業で働き、お客になってくれる中国人の愛人になるのが最も可能性のある道だった。

鈴木の娘はさらに運がよく、正式に結婚を申し込まれたのだという。確かに暮らしは安泰だ。

「ねえ、聞いてるのお父さん。結婚、もちろんいいよね?」

鈴木は納得がいかない何かを感じていた。確かに娘の将来を思えば、この結婚は喜ぶべきことだ。しかし……。

いや、違うんだ。思えば日本も同じことをしてきた。経済力にものを言わせ、タイには日本語の看板しかないような通りも作って来たではないか。日本人と結婚できると言えば、そういった貧しい諸外国の女性にとっては喜びだった。そう、二十年前までは。今ではそれらの看板はすべてハングルと中国語に取って代わられていた。

シンガポールには、まだ豊かさが残っていた2010年代に日本を脱出し、日本人町を形成している当時の富裕層たちがいるらしい。「言葉の壁」なんてのは実際たいしたことなく、生活する程度なら「これをください」と「これはいくらですか?」が言えて数字が聞き取れればどうにかなるものだし、シンガポールはそもそもほとんど英語が通じる。この程度の英語ができない富裕層などほぼいないであろう。

そういった例外を除けば日本のイメージは「没落」でしかなく、最近の若い子たちにとって「日本らしい」ことはとてもかっこわるいことになっていた。そう、1980年代までの日本の若者たちが、必死に自分にこびり付いた「日本らしさ」を払拭しようとしていたように。

自動車や電化製品の日本語のブランドは残ったが、それらはもはや日本企業ではなかった。生き残れた企業はそのほとんどが生産拠点を中国やベトナムに移していたし、日本で作ってるものなど何一つなくなっていた。本社はアジア経済の中心地であるシンガポールや香港に移すところがほとんどだった。なんでもとりあえず「規制だ」と言われる日本にいるより、ずっとやりやすくて税金も安く済んだからだ。

いまだ男女差別の激しい中国に娘を嫁にやるのは心苦しい。だがそれとて食っていかれねば……。

「安心して、お父さんとお母さんの面倒も張さんが見てくれるって」

この中国人は仕送りまでしてくれるのだという。年金制度の崩壊した団塊ジュニア世代の鈴木にとっては、願っても無い話だ。一人っ子政策が依然続行中の中国では多くの子供を作ることはかなわないが、日本自治区にはまだその制限が無い。中国人にとっては今日本人と結婚しておけばたくさんの子供が作れる。しかも日本で暮らさせておけば金もたいしてかからない。そういった理由もあって、中国人男性と日本人女性の結婚が増えてるという話はちらほら聞いていた。

「そうだ、それが一番うまくいくんだ……」

鈴木は誰にも聞こえないようにつぶやいた。

テレビはこれから始まる中国統治下の日本がいかに素晴しくなるかを熱弁している。だがそんなものは誰も信じてなかった。テレビは中国からの圧力で放送しないが、街ではデモがしょっちゅう起こっていた。ネットの規制も厳しくなり、匿名掲示板などは完全にアクセスを遮断された。動画サイトも「政府からの要請」で削除された動画をよく見掛けるようになっていた。中国の情報統制は、とっくに日本にも入って来ていた。

元々ネットをあまり活用せず、テレビと新聞に情報源を頼っていた日本人を情報統制するのはたやすかった。ギリギリ年金生活に間に合った世代の連中など、本気で中国統治によって日本は再び世界の列強となると信じてるものもいるくらいだ。

「我々アジア人は、とうとう西洋人の支配から逃れ、アジア共同体としての道を歩むのです」

アナウンサーは、番組をそう締めくくっていた。


2030 日本自治区の誕生

2030 日本自治区の誕生 (恐怖の体験談)



2030年、このままの人口推移で行けば日本人は半分くらいになるんだったかな?

この物語の話はチョット怖い気がしますが、このまま少子化が進み経済の空洞化が進み続ければ、あながち空想話と笑う事もできなくなります。

現在の日本政治には、本当に危機感をもって政を行って欲しいと願うばかりです。
小●沢さん、引っ込んどいて頂けませんかね?
誰もコレ以上の混乱を望んでませんし。


東京都の石原慎太郎知事は26日、民主党の小沢一郎前幹事長が党代表選に出馬する意向を表明したことについて「民主党はもっと混乱する。金権陣営と無為無策陣営の対立だ。これで政界の再編成が進むだろう」との見方を示した。都庁内で記者団の質問に答えた。
石原知事は「小沢氏の(政治とカネなど)いろんな問題に納得している国民はいるのか。その人間をかついで総理大臣にしたときに日本のプレステージ(権威)はどうなるのか」と強く批判した。 



おぃおぃ!日本自治区って!って方、ポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
[PR]
by Guppy_e | 2010-08-29 22:06 | 読み物
●●●の臭い




大切な事・・・。







ものすごく直弾です。(苦笑)

経験ある人、手を上げて~

イイとかイクナイとかって話ではなくって、ありますよね?

引くに引けない状況の時もありましたし、引けるので撤退したってのもなくもない。。。

改めて無臭の方がイイと感じた方も、クサヤにどっぷりな方もいると思います。

もしかしたら、同じ相方なのに(; ̄ー ̄)...ン?って日があったり、(*゜▽゜)*。_。)*゜▽゜)*。_。)ウンウンって日もあったり・・・。



コメントページ



今回は、この[読み物]のコメントページもリンクしてしまいます。

コメントの中には[そらまめ]の臭いとかってありますが、ハッキリ言って腋●臭に近い人も。。。
チーズの腐った系は病気を疑ってもイイかと、、、でも違ったら失礼ですな。

いや、ホントにイイとかイクナイとかって話ではないんですよ。
解り易いですしね。
ん?スイッチ入ったか!?って解りますし、その香りで愛を感じれるかも知れません。

ただ最初に長く接した方がどちらかで、逆パターンと出逢った時にはビックリする事は間違い無いと思います。

ご本人は意外と気が付かないってのが相場らしいですけどね。



えっ!って方、ポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
[PR]
by Guppy_e | 2010-07-13 21:38 | 読み物
地獄のバス



地獄のバス




超短編の読み物です。

何気ない?修学旅行での話しですが、文才が光る逸品かと思い紹介しました。






オエッ!って方、ポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 ニュースブログへ

アパレルレディース 子供用品 PCパーツなどはコチラから!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


[PR]
by Guppy_e | 2010-04-10 10:24 | 読み物
少し昔話をしたくなった
めっきり日が早く沈む様になったので、読み物を一つ。




少し昔話をしたくなった 【中学生編】



少し昔話をしたくなった 【高校編】



少し昔話をしたくなった 【大学生編】



少し昔話をしたくなった 【社会人編】



少し昔話をしたくなった 【完結編】




こういう事ってあるんでしょうかね?
劇的です。
三度ある事は・・・。
入り易い文章で、自己突っ込みには笑みが漏れました。。。

HappyEndが嫌いな方にはどうかな?って感じですが、イイ話でしたよ?


e0020210_0513329.jpg


たか~たさんのコメントを読んで、石原さとみさんに興味をもったので探してみました。(苦笑)
実は誰か知らずに読んでたので、参考になりましたよ。
ちょうど今回の読み物に合う写真だと思います。



e0020210_0301642.jpg




さぁ!何切る!?って方、ポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
[PR]
by Guppy_e | 2009-12-14 00:33 | 読み物
新入社員から寝ぼけたメール来た
連投ですが、何か?
ちょっとブログ書ける時間が取れてないので、とりあえず書ける時に上げてしまいますね。



新入社員から寝ぼけたメール来た 1

新入社員から寝ぼけたメール来た 2

新入社員から寝ぼけたメール来た 3

新入社員から寝ぼけたメール来た 4

新入社員から寝ぼけたメール来た 最終回




コレはHappyEndが好きではない方にお勧めですかな?
まっ、HappyEndと言えばそうかも知れませんがね・・・。
こうなっちゃうんだろうなぁ~って感じです。
テンポもあって読みやすかったですが、携帯からは辛いかも知れません。
先に紹介した[オタクの彼女]は携帯からでも読めたので、私は携帯から読みましたが、コチラはパソから読み込んで下さいませ~




オレのモテ期って!?って方、ポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
[PR]
by Guppy_e | 2009-11-25 00:02 | 読み物