カテゴリ:水槽( 1 )
久しぶりに水槽をセットアップしてみた。
夏の終わりに息子が金魚を持って帰ってきました。
赤金3匹+黒出目金1匹だったらしいのですが、出張から帰ってきたら黒出目金が1匹だけ残っていました。
プラケースに1/4だけ水を入れた中に泳いでいました。

あっ、元アクアリストなので、とりあえず水を満タンにして飼ってたのですが、水が回らないので直ぐに臭いがきつくなってしまいます。
2~3日に1回のペースで水換えしてたのですが、それでも直ぐに臭くなる始末。
イラッときたので、実家から持ってきてた水槽用具の中から簡易フィルターを出し、これまた実家より持ち込んでたパールサンド(極細目)を洗い入れる事にしました。
e0020210_2202073.jpg

まずはこんな感じです。
コトブキ工芸(株)製のジョイントフィルターにNisso製のΘ1200をセットして稼動させました。
パールサンドを入れたのは、土壌細菌の繁殖による水質の安定化です。
この時の照明は電池式のLEDランプです。
石は昔使っていた川原から採取してきたモノです。

実家でやってた頃は、1200の水槽(アクリル)と600のスティングレーでした。
何れもネイチャーまではいかないまでも、アクアリウム水槽にしていました。
自営業を始めた頃は、スポーツクラブのロビーにある水槽のメンテなんかもしてたりしてたのですが、今の仕事が忙しくなり器用に二足の草鞋を履くことができず、やめてしまいました。。。
実家より水槽用具も持ち込んでるんですが、借家にあまり長く居たいと言う気が無く、大きい水槽を立ち上げてしまうと引越しする際にものすごく足枷になるので、ず~っと我慢していました。


いやいや、燻っていた心に火が点いてしまいましたね。(笑)


e0020210_22214147.jpg

まずは、弟君が実家に置いていった400の水槽を実家より持ってきました。
プラケースでは湾曲や樹脂の厚みムラがあるので綺麗に魅せる事ができません。
ダイソー製のプラケースですし。。。
やっぱ小さくてもガラス水槽でしょう!!
これから雪の降るシーズンもありますし、温度管理のためヒーターは必需品なので、もしもサーモが腐って温度が上昇し過ぎるとプラケースでは変形して水事故を起こしかねません。
その点でもオモチャのような水槽ですが、ガラス水槽かアクリル水槽になってきますね。
そしてフィルターは外部式のEHEIM社製(ドイツのメーカー)の2213です。
ハイ、明らかにオーバースペックです。
この前にプラケース+内部フィルターミニゴン(コトブキ工芸(株))も試したのですが、満足いかず、EHEIM社製の内部フィルターも試したのですが、これは弟君の財産なので、常用は無理との判断で、2213に落ち着きました。

全く解らない人には理解できない話ですが、20㍑ちょっとの水槽に毎時440~500㍑の濾過能力って事で、例えるなら軽自動車に2000ccクラスのエンジンを搭載したって感じです。

暫く使って無かった水槽とフィルターだったので、このまま一晩外で空回し運転をして水漏れが無いかチェックしました。
ラッキーな事に、水槽もフィルターも水漏れはありませんでした。
400mmの水槽に合わせるために、給水側も排水側もパイプカットしています。(泣)

悪魔で黒出目金がメインの水槽なので、その時点でネイチャーアクアリウム水槽は断念せざるを得ません。
でもね、火が点いた心を消火する事もままなりません。(笑)

って事で、こんな感じになりました。
e0020210_22482341.jpg

スペック
ガラス水槽Nisso製 : W400×D255×H280 mm 水容量≒23㍑
フィルター : EHEIM社2213(クラッシック)
底砂 : パールサンド極細目
水草 : マヤカ ウォーターウィステリア レッド・ルブラ(だと思う) ウィローモス アヌビアス・ナナ
魚 : 黒出目金×1尾 オトシンクルス×2尾 ヤマトヌマエビ×6匹(現在4匹と思われる)


e0020210_23113671.jpg

このヤマトヌマエビが可愛いんです。
今のところ、基本は黒出目金意外はスカベンジャーと呼ばれる掃除屋さんです。
ヤマトヌマエビもオトシンクルスも、残った餌や葉に付いたコケの掃除をしてくれます。

フィルターも馴染み水質も安定してきた様なので、追加の魚を入れたくなってきました。(苦笑)
構想では、アフリカンランプアイ(アフリカ産のメダカ)数匹とco.ステルバイを2匹です。
400mmの水槽では、多分これが限界値かな。。。

e0020210_23243932.jpg

コレがアフリカンランプアイってメダカです。
アイラインを塗った様に反射して光るブルーの目が特徴の綺麗な魚です。
特にメダカの学校よろしく群泳するのですが、黒出目金のプレッシャーがあれば絶えず群泳してくれると予想できます。

e0020210_23281915.jpg

コチラがコリドラス.ステルバイです。
主に砂の中を綺麗にしてくれるスカベンジャーのコリドラスの中でも一等華麗なコリドラスです。
大きさが今の黒出目金と酷似するので、ちょうどイイかもって感じです。
パールサンド極細目にしたのも、これも飼いたいって思惑があったりなかったり・・。(笑)


一眼レフで撮影する楽しみもあり、予想外に一石二鳥な感じで楽しめています。

今後は[水槽]ってカテゴリーを作ったので、そのカテゴリーで記事をエントリーしようと考えています。




わおっ!既に綺麗やん!って方、ポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
[PR]
by Guppy_e | 2009-09-22 23:34 | 水槽 | Comments(0)