<   2009年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
久しぶりに水槽をセットアップしてみた。
夏の終わりに息子が金魚を持って帰ってきました。
赤金3匹+黒出目金1匹だったらしいのですが、出張から帰ってきたら黒出目金が1匹だけ残っていました。
プラケースに1/4だけ水を入れた中に泳いでいました。

あっ、元アクアリストなので、とりあえず水を満タンにして飼ってたのですが、水が回らないので直ぐに臭いがきつくなってしまいます。
2~3日に1回のペースで水換えしてたのですが、それでも直ぐに臭くなる始末。
イラッときたので、実家から持ってきてた水槽用具の中から簡易フィルターを出し、これまた実家より持ち込んでたパールサンド(極細目)を洗い入れる事にしました。
e0020210_2202073.jpg

まずはこんな感じです。
コトブキ工芸(株)製のジョイントフィルターにNisso製のΘ1200をセットして稼動させました。
パールサンドを入れたのは、土壌細菌の繁殖による水質の安定化です。
この時の照明は電池式のLEDランプです。
石は昔使っていた川原から採取してきたモノです。

実家でやってた頃は、1200の水槽(アクリル)と600のスティングレーでした。
何れもネイチャーまではいかないまでも、アクアリウム水槽にしていました。
自営業を始めた頃は、スポーツクラブのロビーにある水槽のメンテなんかもしてたりしてたのですが、今の仕事が忙しくなり器用に二足の草鞋を履くことができず、やめてしまいました。。。
実家より水槽用具も持ち込んでるんですが、借家にあまり長く居たいと言う気が無く、大きい水槽を立ち上げてしまうと引越しする際にものすごく足枷になるので、ず~っと我慢していました。


いやいや、燻っていた心に火が点いてしまいましたね。(笑)


e0020210_22214147.jpg

まずは、弟君が実家に置いていった400の水槽を実家より持ってきました。
プラケースでは湾曲や樹脂の厚みムラがあるので綺麗に魅せる事ができません。
ダイソー製のプラケースですし。。。
やっぱ小さくてもガラス水槽でしょう!!
これから雪の降るシーズンもありますし、温度管理のためヒーターは必需品なので、もしもサーモが腐って温度が上昇し過ぎるとプラケースでは変形して水事故を起こしかねません。
その点でもオモチャのような水槽ですが、ガラス水槽かアクリル水槽になってきますね。
そしてフィルターは外部式のEHEIM社製(ドイツのメーカー)の2213です。
ハイ、明らかにオーバースペックです。
この前にプラケース+内部フィルターミニゴン(コトブキ工芸(株))も試したのですが、満足いかず、EHEIM社製の内部フィルターも試したのですが、これは弟君の財産なので、常用は無理との判断で、2213に落ち着きました。

全く解らない人には理解できない話ですが、20㍑ちょっとの水槽に毎時440~500㍑の濾過能力って事で、例えるなら軽自動車に2000ccクラスのエンジンを搭載したって感じです。

暫く使って無かった水槽とフィルターだったので、このまま一晩外で空回し運転をして水漏れが無いかチェックしました。
ラッキーな事に、水槽もフィルターも水漏れはありませんでした。
400mmの水槽に合わせるために、給水側も排水側もパイプカットしています。(泣)

悪魔で黒出目金がメインの水槽なので、その時点でネイチャーアクアリウム水槽は断念せざるを得ません。
でもね、火が点いた心を消火する事もままなりません。(笑)

って事で、こんな感じになりました。
e0020210_22482341.jpg

スペック
ガラス水槽Nisso製 : W400×D255×H280 mm 水容量≒23㍑
フィルター : EHEIM社2213(クラッシック)
底砂 : パールサンド極細目
水草 : マヤカ ウォーターウィステリア レッド・ルブラ(だと思う) ウィローモス アヌビアス・ナナ
魚 : 黒出目金×1尾 オトシンクルス×2尾 ヤマトヌマエビ×6匹(現在4匹と思われる)


e0020210_23113671.jpg

このヤマトヌマエビが可愛いんです。
今のところ、基本は黒出目金意外はスカベンジャーと呼ばれる掃除屋さんです。
ヤマトヌマエビもオトシンクルスも、残った餌や葉に付いたコケの掃除をしてくれます。

フィルターも馴染み水質も安定してきた様なので、追加の魚を入れたくなってきました。(苦笑)
構想では、アフリカンランプアイ(アフリカ産のメダカ)数匹とco.ステルバイを2匹です。
400mmの水槽では、多分これが限界値かな。。。

e0020210_23243932.jpg

コレがアフリカンランプアイってメダカです。
アイラインを塗った様に反射して光るブルーの目が特徴の綺麗な魚です。
特にメダカの学校よろしく群泳するのですが、黒出目金のプレッシャーがあれば絶えず群泳してくれると予想できます。

e0020210_23281915.jpg

コチラがコリドラス.ステルバイです。
主に砂の中を綺麗にしてくれるスカベンジャーのコリドラスの中でも一等華麗なコリドラスです。
大きさが今の黒出目金と酷似するので、ちょうどイイかもって感じです。
パールサンド極細目にしたのも、これも飼いたいって思惑があったりなかったり・・。(笑)


一眼レフで撮影する楽しみもあり、予想外に一石二鳥な感じで楽しめています。

今後は[水槽]ってカテゴリーを作ったので、そのカテゴリーで記事をエントリーしようと考えています。




わおっ!既に綺麗やん!って方、ポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
[PR]
by Guppy_e | 2009-09-22 23:34 | 水槽
山形先生
さてさて、ずいぶん秋らしくなってきましたね~
朝晩は涼しいを通り越して半袖では寒さを感じる事もあります。

読書の秋です。(笑)
久しぶりにイイ読み物ネタを見付けました。
まだ完読できてないんですけど、紹介しますね。




「ここらで怖い話でもするか。」

この台詞を皮切りに、作者◆xDdCPf7i9gによって“彼”の物語は始まる…

2ちゃんねるオカルト板へ降臨し、住人を魅了するエロくてオカルトなナイスガイ。

“彼”の名は、山形ユウジロウ。中学校教員。





コレが出会ったサイトでの紹介文です。


◆xDdCPf7i9g(山形先生シリーズ) ~まとめサイト~




1話(夜)ずつの構成なので、わりと直ぐに読めますが、ず~っと続く話です。
紹介文にもあるように、エロとオカルトが満載ですが、それほど怖い話もなくイイ感じで読み進められます。
何よりも光る文才で独特の世界に引き込まれてしまい、未だに読み進めています。(苦笑)
山形ユウジロウ恐るべしです。

そんな感じなので、マトモな記事(?)は読み終えてからのエントリーになると思います。

暇つぶしに、どうですか?


読み物ネタって釣られる時があるんだよね!って方、ポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
[PR]
by Guppy_e | 2009-09-14 21:53 | 読み物
日本の技術

<H2B>「もっとも美しい打ち上げ」…NASA局長
2009年9月11日 11時41分 ( 2009年9月11日 12時28分更新 )



「日本の高い技術力を世界に証明した」――。11日未明の「H2B」の初打ち上げは、米航空宇宙局(NASA)関係者も鹿児島県・種子島宇宙センターで見守った。来年の米スペースシャトル退役後、大型物資を国際宇宙ステーション(ISS)へ運べる唯一の補給機となる「HTV」を運ぶため開発された大型ロケット。海外からの注目も高かった。
NASAのウィリアム・ゲスティンマイヤー宇宙運用局長は、発射場から約3.5キロ離れた展望台から打ち上げを見守った。打ち上げ後の会見で「初打ち上げでこれだけスムーズにいくのは、十分に準備したたまもの。今まで見た打ち上げの中で最も美しかった」と、満足そうに話した。
H2Bの開発を担当した宇宙航空研究開発機構(JAXA)の中村富久・プロジェクトマネジャーは会見で「1号機からHTVを搭載することで、必ず成功させなければならないと大変緊張した」と苦しかった胸の内を明かした。
03年11月、打ち上げに失敗し、破壊指令を出したH2Aロケット6号機で固体ロケットブースターを担当した。その時の報告書に書かれた「起きた現象を真摯(しんし)に受け止め、あらゆる角度から追究せよ」との教訓を手帳に書き、時々見ては初心に立ち返ったという。
打ち上げ直前には「H2Bは我々のロケット開発の集大成」と話し、「教訓」と日本の技術力への誇りを胸に秘めて打ち上げに臨んだ。重圧の中、期待通りの成功。会見では「正直ホッとした」と白い歯をみせた。


e0020210_0242730.jpg



綺麗な打ち上げでした。
正に日本が誇る技術力って感じの印象を受けました。
暗いニュースが多いので、こういうニュースがあると何だかとても「ほっ」とした気持ちになれますね。

この[H2B]ですが、最大積載量は実に6㌧と言う事です。
広島に投下された原爆(リトルボーイ)はウラン型砲身方式で4㌧だったそうです。
現在はプルトニウム型爆縮方式が主流で、プルトニウム240は高速増殖炉常陽もんじゅで生成する事が可能です。
実験試行回数が無いので、TNT爆縮との同期など技術的に多少の問題は残すところがありますが、非核三原則の呪縛から解き放たれれば、領空侵犯お構いなしの[北]を国ごと一瞬で無きものとできる技術は確保していると言う事になります。
実施すれば隣国の韓●国への被害は避けられないかも知れませんが、[民主党が次の臨時国会で成立させる「人権擁護法」を知ってるかい? ]こんな事が本当だとすれば、それはそれで別に気にならないかも鴨。。。

幸福実現党でしたっけ?

総裁の演説を動画で観ましたが、ところどころ賛同できる事を言ってるからタチが悪い。。。
移植法の脳死の部分とか、戦後の隣国との関係の話とかね。
まっ、具体案も無いので、ただただ正論を振り回すだけでは政策とも言えないと思いますが、他の党の政治屋さん達が決して選挙では言わないけど、国民はそう感じてるような事も演説されていましたよ。
興味があれば観て下さい。

って事で、酔いながら書いてたら肝心のロケットの話はどこに行ってしまったのか、、、。
自分でも収集が付かず寝てしまいました。
昨日書いてたので、すっかりニュースの記事にも乗り遅れてしまって、何やってんだろうって感じですが、せっかく書いたのでアップします。(苦笑)






いやいや!綺麗に打ち上がったよね!って方、ポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
[PR]
by Guppy_e | 2009-09-12 13:02
迷惑メール





ブログ創設の2005年から[騙されるな。迷惑メール特集]と言うカテゴは存在しているのですが、最近は中々優秀な迷惑メールに出会う事がありません。

それなりに色々と対策しているのが功を奏しているのか、はたまたメール受信の前後でフィルターに引っかかってしまっているのか、迷惑メール防止令が効いているのかは謎ですが、パンチの効いたモノが届かないのが現状です。

ココでアドレスから何まで晒かしていたからなのかな・・・。(苦笑)

皆さんは、最近でも[迷惑メール]って届きますか?

私は楽天旅窓でホテルを予約した時に、うっかりチェキ外し忘れた商売メールが届くくらいで、全く無くなってしまいました。。。orz





いやいや!最近でも迷惑メールで困ってるぞ!!!って方、ポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
[PR]
by Guppy_e | 2009-09-12 00:02 | 騙されるな。 迷惑メール特集
使途ランキング
意外と見応えあります。
って言うか美味しいとこ取りって感じかな。

















あっー!何か打ちたくなってきた!って方、ポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
[PR]
by Guppy_e | 2009-09-08 23:00 | 動画
エキサイトブログにニコニコ動画が貼り付け可能に!!





やっとニコ動が貼り付け可能になったようなので、テストがてらお気に入りのスロリミックスを貼り付けます。

作業中のBGMには向いていないかも知れませんが、選曲や繋ぎが神業です。(笑)




おっ!ニコ動キターー!って方、ポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
[PR]
by Guppy_e | 2009-09-08 22:08 | スロット
すごいらしいよ

「麻布署と押尾学の責任を問う」"ヤリ部屋"で変死の女性遺族が民事提訴へ
プレイボーイの面影はどこへやら?
2009年9月8日 08時00分

e0020210_21273466.jpg
芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす!
俳優の押尾学が出入りしていた六本木ヒルズマンションの部屋で"変死"していた銀座ホステスのT・Kさん。その35日法要が9月5日、飛騨高山の実家で営まれた。
母親は真相を明らかにするために、押尾を民事で提訴することをTさんの遺影に誓ったと思うが、現実には訴訟費用が遺族に重くのしかかっている。保釈されても、いまだに遺族に対するお詫びの声もない押尾に、保釈金としてポンと400万円もの大金を投げ出す企業グループの幹部がいるかと思えば、あまりに不公平な話だ。
Tさんが遺体で見つかったあと、所轄の警視庁麻布署から実家の母親が連絡を受けて、飛騨高山から両親が駆けつけたのは8月3日の午後だった。東京女子医大で司法解剖されて麻布署に戻った遺体と対面したのは、遺体安置所ではなく、同所近くの路上だったという。Tさんはまるで犬猫のように扱われていたのだ。
しかも、麻布署はそこで「事件性がない」と説明。Tさんが所持していたケータイの在処を問うと、「部屋をくまなく探せば出るかもしれない」という答えだったそうだ。
ところが、4日に日本テレビのスタッフが、マンション外の植え込みに捨ててあったケータイを発見。同局スタッフが飛騨高山まで行って、Tさんが所有していたものか遺族に確認。その足で東京に戻って、麻布署に届け出たという。
その後、麻布署から家族に「ケータイがあった」という連絡が入ったが、捨てられたことについては曖昧な答えに終始したという。誰が考えても、証拠隠滅の可能性があると思うだろう。さらに、同日に一緒に暮らしていた郷里の幼馴染Yさん立ち会いの下、Tさんの自宅マンションを麻布署は家宅捜索。そこで、押尾が持ち込んだとされるクスリを押収したという。
事件後、Tさんが押尾と"半同棲"していたという報道があったが、Tさんといちばん親しかったホステスは「絶対にありえない。押尾が店に来たときとも、口説かれないように注意してした」という。四の橋の盆踊りも二人だけではなく、大勢来るから安心して行ったという。それだけに、Tさん宅に押尾が持ち込んだとされるクスリが疑問だ。にもかかわらず、その後「Tさんのマンションから1億円相当のコカインが押収された」という報道が流れ、まるでTさんが、麻薬常習者のような印象を世間に与えた。
「まるで、Tさんを悪者に仕立てて、"そんな女だから変な死に方をするんだ"という印象を与えましたよ。そんな中傷報道でTさんの名誉はズタズタです。Tさんの体調が急変して心臓が止まったことで怖くなった押尾はマネジャーに連絡して逃げた。マネジャーや友人たちは、Tさんが亡くなってから約3時間後の119番通報している。その空白の3時間をいまだに麻布署から説明がない。家族としては汚名を晴らすためにも、麻布署の捜査に期待したんです」(クラブ関係者)
ところが、押尾が合成麻薬だけで東京地検に起訴されたというニュースが流れた時点で、飛騨高山にも"大物政治家Mが、押尾と仲がいいバカ息子のために警察に圧力をかけた"という情報は伝わってきたという。押尾が保釈された当日に、麻布署の係官から家族に「捜査はしてますが、どうなるかわかりません。もし納得いかないなら民事で訴えたらどうですか?」と責任放棄とも受け取れる電話があったという。
家族はTさんが務めていたクラブ関係者のバックアップもあって、押尾を民事で提訴することを決意した。訴訟費用は銀座の仲間がカンパで集めているという。押尾がTさんの霊前で真相を明らかにしない限り、民事の法廷で責任を追及されるのは間違いない。


e0020210_21285694.jpg



まぁ、凄いらしいよ。

女に漬けられた体験



変な薬を飲む女。



ポン中ホステス



シャブ漬けM奴隷レポ







全部ジャブエロかよ!って方、ポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
[PR]
by Guppy_e | 2009-09-08 21:37 | 読み物
裁判員裁判は選択制にするべきだ。

<裁判員裁判>被告の父親に3人が質問 神戸地裁
2009年9月8日 00時06分

兵庫県明石市で、父親(74)を殺害しようとしたとして殺人未遂罪に問われた無職、砂野政雄被告(40)の裁判員裁判が7日、神戸地裁(東尾龍一裁判長)で始まり、弁護側の情状証人として出廷した砂野被告の父親に裁判員も積極的に発言した。父親は弁護人の質問に対し「厳しい処罰は求めない」と証言。裁判員は刑の重さについて難しい判断を迫られそうだ。
地裁に出向いた裁判員候補者42人のうち3人の当日辞退が認められた。残る39人から男性2人、女性4人の裁判員と、男性2人の補充裁判員が選ばれた。
初公判は午後1時20分すぎに開廷。砂野被告は起訴内容を認めた。
被告の父尚正さんへの証人尋問で、裁判員3人が質問。左から2番目のスーツ姿の男性が「(検察側質問で答えた)『私が加害者かもしれない』という言葉を具体的に説明してほしい」と求め、尚正さんは「被告が十分給料がもらえない時、私たちが十分助けられなかった」と答えた。
尚正さんは閉廷後、裁判員裁判の対象となったことを報道陣に問われ、「裁判員制度だからといって、大げさにしすぎです。そっとしておいてほしい」と話し、タクシーに乗り込んだ。


毎回大きくニュースに取り上げられる[裁判員裁判]ですが、何だか違和感を持ってます。

もちろん制度自体導入間もないので、アピールしたいという思惑は理解できるのですが、裁判員に選ばれた事すら他言無用なはずなのに、裁判後に開かれる顔出しの記者会見には納得し様もありません。

戦前まで日本にあった[裁判員裁判]でもそうでしたが、被疑者が選べるようにするべきだと感じます。
現在[裁判員裁判]が採用される裁判の罪は大変重いものばかりですが、それでも裁かれる側が今まで通の裁判か[裁判員裁判]かを選択できるようにする必要があると感じますね。

まぁ、そもそも[裁判員裁判]には今のままでは賛成できない部分が多いですし、裁く方も裁かれる方ももっと納得のいくシステム作りが大切だと思いますね。
例えば、取調室の可視化や弁護士の同伴といった自供に伴い警察官の恫喝がないかどうかとかね。
素人を司法の場に連れてきて、人を裁けと言うのなら、万人が見て聞いて読んで事件の本質や被疑者・被害者の立場・状況・言い分や事件の真相など全て開示し理解できるようにしないとね。
それをすると資料を作るだけで膨大な時間と労力がかかり、結局今までと変わらないのかも知れないが、それでも司法と検察の癒着に近い馴れ合いや裁判官の縦社会における間違った量刑判決を直せるならやる価値はあるとも思うが、今のままではねぇ~

とりあえず、マスゴミはあまり騒ぎを大きくしない方がイイですな。

被疑者も被害者も、特に被害者に至っては大変傷ついている方が多くいるというのに、、、。

この記事を読んで、最後の[尚正さんは閉廷後、裁判員裁判の対象となったことを報道陣に問われ、「裁判員制度だからといって、大げさにしすぎです。そっとしておいてほしい」と話し、タクシーに乗り込んだ。]この部分に同情と共感を感じました。




裁判員裁判制度は不完全だ!って方、ポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 スロットブログへ

にほんブログ村 ニュースブログへ
[PR]
by Guppy_e | 2009-09-08 21:21